2006/09/29
9月17日 ベトナム・カンボジア旅行二日目」その1。

朝6:45に起床。
ビュッフェ形式の朝食は、まあまあだった。

急いで仕度をして、ホテルのロビーに向かう。
今日は、昨日申し込んでおいた「バッチャン村ハロン湾」へのツアーに参加する。昨日は現地の旅行会社を探す時間がなく、空港にお迎えが来た日本人を対象にした若干高いツアーに参加するしかなかった。
二組の夫婦が他の参加者で、観光客5人+ガイド・ドライバーでバンに乗り込み、一日掛かりのツアーが始まった。


まずは、ベトナム陶磁器の一大産地として知られるハノイ市内から車で30分ほど離れたところにある「バッチャン村」へ。特に興味はなかったのだが、ハロン湾行きのツアーに組み込まれていた。


バッチャン村の街並み

街を一歩踏み入れると、村全体が陶磁器だらけのように感じる。
道路の両側に工場があり、土産屋もたくさんある。ガイドに付いていき、工場内を見学することができた。その後、強制的にお土産屋へ。まぁ、今日はツアーに参加しているから、自由が利かないのは覚悟の上だ。でも、見学する所も土産を買う場所もガイドに指定されてしまうのは、いかがなものか。

こんな旅二日目にお土産なんて買う気はさらさらなかったので、適当にぶらつく。よく見てみると、ドアに日本語で“いらっしゃいませ”と書かれている店が多く、そのうちの半分くらいの店舗でカードが使えるらしい。こんな素朴な田舎でも、日本人観光客は金を落としていく鴨として扱われているのだろう。


陶磁器製作の過程を見学することができる1


陶磁器製作の過程を見学することができる2

まぁ、寄らないよりは寄って良かったかなくらいで、メインの地へ。
移動時間は約2時間半あるので、バンの中で眠ることにした。

>> <<
ブログランキングに参加しています。

| トラベル | 2006/09/29 11:59 PM | comments (2) | trackback (0) |
私はね、
バッチャンと、ドンホーへ行く一日ツアーに参加したよ。
でもどちらも今一だった。。
まぁ、ちらっと、ああいう家族で伝統のものを引きついでいくってのが、見れて、よかったといえば、よかったけど。。

でも、それよりもハノイ湾いっときゃよかったよーー。エーンエーーン。
| masami | URL | | 2006/10/02 06:29 PM | v4JgjnuM |

>masamiさん
ドンホーって、版画で有名な街ですか?
その2つの街で一日ツアーとは、けっこうゆっくりできたのでは?

もう少し足を延ばして、ハロン湾に行けばよかったのに・・・それだけの価値はありましたよ。
| TK | URL | | 2006/10/03 11:44 PM | nTNu9XTY |











http://cebu.sakura.tv/blog/tb.php?692
トラックバックはありません。
| | |
PAGE TOP ↑

 
HOME
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
<<前月 2019年12月 次月>>
サイト内検索


WEB サイト内
NEW ENTRIES
COUNTER
(Since 2000/05/20)
Today: / Ystday:
Twitter
Yakult Swallows
Visitor Locations
Locations of visitors to this page
お薦めリンク

Wanna be a Tanzanian!

協力隊員・コータのタンザニア日記
フィリピンの時刻
本日のセブの天気
本日のレート
1 = P0.4520(1/20)
[Ayala Center Cebu調べ]

最新はココ
jocv.net
配属先のプロジェクト
クリック募金
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
QRコード

携帯電話からもアクセス!
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
Blogn Webring
OTHER