2005/04/11
午後3時過ぎだったろうか。

突然、ドアが開き、誰かが叫んでいる。

火事だ、火事だ! 逃げろ、逃げろ!
1階のラボラトリに居た同僚とOJTの学生は何が何だか分からない。
10秒ほど、固まる。

隣の集落で火事があり、火がもうすぐそこまで来ている。
状況が把握でき、外に出てみると、もの凄い光景を目の当たりにした。

本当に至近距離ですごい炎と黒い煙があがっており、顔が熱い。火の粉も飛んでいる。慌てて、バッグに財布と携帯を入れ、OJTの学生に急げと怒鳴り、外に避難。すると、外の道は避難している住民や野次馬で溢れ返っており、スタッフ達もパニックになっている。

「消防車はいつ来るんだ!」と怒号が飛び交う。
かなり火は広がっているようで、オフィスの隣にある集落からもう本当にその場にあったモノを持って逃げて来て、自分たちの家が焼けるのをなす術もなく眺めながら、祈る人々・泣きじゃくる人々。

これは、とんでもないことになったな、と思った。
そもそもフィリピンには家と家、建物と建物の間にはほとんど隙間などないので、燃え移り易い。しかも、コンクリートを使った建物があまりないので、火の移りが速い。日本ならどの家庭にでもある消火器なんてあるわけない。よくよく考えてみたら、うちのオフィスにだって非常口とか消火器なんて用意されていない。

このままいくと、オフィスも焼ける
敷地内には3つの建物があるが、どれも隣接している。

周りはパニック状態なのに、不思議に冷静な自分がいた。
もし、このままオフィスが全焼したら、同僚達はどうなるんだろうか。そして、自分はどうなってしまうんだろうかと考えていた。活動ができなくなるから、このまま帰国せざるを得ないのか。昨日、フィリピン渡航から満1年を迎えたのに...。


すると、配属先のスタッフやボスが泣きながら、パソコンや書類を運んでいるではないか。そうだ、諦める前に行動だ!このまま全ての財産が焼けてしまったら、それこそ立ち直れない。同僚と相談し、まずは我々の“命”である、サーバ室のサーバを10台持ち出すことにした。

もう、修羅場である。
火の粉が飛び交い、煙に巻かれる中、男5人でサーバ室に入り、ケーブルやコードをぶった切る勢いで全て抜き、運ぶ。このまま突風で隣の建物から火がまわって来たら、死ぬかもしれないとも思った。それでも、とにかく無我夢中だった。サーバを運び、各スタッフのPCを運び、プリンターを運び、書類を袋に詰めて運んだ。1台のパソコンがフィリピンではどれだけ高価なモノか知っている。さらに、この中に入っているデータこそ、同僚達が築き上げてきた財産なのだ。

20分程かかり何とか重要なモノは全て運び終わった。オフィスの前にはデスクトップ型のPCが30台と、色々な書類が並んでいる。そして、これ以上は建物に入るなと消防士に制止された。


次第に黒い煙が白に変わって来るのが分かった。
皆の表情が安堵に変わる。
最悪の事態は免れそうだ。

結局、6時前に鎮火した。
ギリギリのところで、オフィスには被害はなかったようだ。


ただ、すぐ隣では、かなりの家が焼け落ちた。
家を失った人達が途方に暮れている。

オフィスからの帰り道によく挨拶してくれる人や、たまに昼食を食べに行くカンティーン(食堂)のおばちゃんもいる。オフィスによく出入りしている家族は、身に付けている服しか残ってないという。家を失ったら、何も残らないと言っていたのが心に響いた。ここの集落は、貧困層ではないもののフィリピンでは平均的な貧しい部類に入る。当然、この層のフィリピン人は、保険なんて掛けているはずがない。本当に何もないのだ。残る手段は人を頼るしかない。

この近所に住む家族の父親が、
「どうせ財産なんてないんだから平気だけど、家がないと寝るところもない。服1枚すら買えない。もし、要らない服があったら持ってきてくれないか。」
と、我々スタッフにお願いしてきた。
服なら明日持って行く。
何かできることならする。

幸いなことに、怪我人や死亡者が出たという話を今のところ聞いていない。
実際の被害は明日の報道を見てみたいと分からないが、それが不幸中の幸いだ。

>> <<
ブログランキングに参加しています。

| セブ生活 | 2005/04/11 11:59 PM | comments (5) | trackback (0) |
すげー!大変でしたね・・・。
私もフィリピン来てからよく火事を見ます。
しかも大火事。
家を探しているときも、フィリピン人に火事が起きても大丈夫なところ、住宅密集地はやめるようにすすめられたっけ。
| たま | URL | | 2005/04/12 08:44 AM | ydbnLiSQ |

すげーーー
すごい体験をしましたね・・・・。
家探しの参考にします。
| yoshi | URL | | 2005/04/12 05:40 PM | Yf9fQ8Oo |

>たまさん
よく火事を見るんだ。
昨日を含めて、合計3,4回ほど見たことあるけれど...。

確かに住宅密集地は危ないね。
家の前や中(!)でバーベキューを焼いてて、その周りを子供が駆け回っているんだから本当に危ない。


>yoshiさん
六本木の比律賓大使館行ったみたいですね。
そろそろセブに戻ってくるのでしょうか。
家探し、まずは安全な、そして安いのが見つかるといいですね。
タランバン?
| TK | URL | | 2005/04/12 11:04 PM | 7idhz71I |

ここに書き込みするのは初めてかぁ〜職場の付近が火事なんて大変でしたね。オフィスが無事だっただけ何よりです。火事は自分の近場で起こったことがないんで、他人事でしか感じてなかったけど、この日記で恐ろしさが伝わってきましたよ。高校のときクラスメイトが一人火事になり家が焼けてしまって・・・みんなで少しずつ募金集めたりしたけど、本人と家族はこの火事で失って一番辛いものは、写真だって言ってました。人それぞれ大切なものは違うけど、一瞬で大切なものを失ってしまう災害は恐ろしいもんですね・・・。だから職場のスタッフが大切な自分達のPCを必死で守ろうとした行動は感動しましたよ。俺がもしその場に居合わせてたら何をしていたか・・・・改めて考えさせられました。
| コータ | URL | | 2005/04/12 11:18 PM | uR9dEbzo |

>コータさん
自分にとても身近で起きた火事はコレが初めて。
火事は天災?それとも人災?
おそらく後者でしょう。

大切なモノ、自分の家が焼け落ちていくのを見るだけしかできないって、本当に辛いことだと思う。早く立ち直ってくれるといいのですが。
| TK | URL | | 2005/04/14 06:42 PM | 7idhz71I |











http://cebu.sakura.tv/blog/tb.php?94
トラックバックはありません。
| | |
PAGE TOP ↑

 
HOME
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
<<前月 2019年12月 次月>>
サイト内検索


WEB サイト内
NEW ENTRIES
COUNTER
(Since 2000/05/20)
Today: / Ystday:
Twitter
Yakult Swallows
Visitor Locations
Locations of visitors to this page
お薦めリンク

Wanna be a Tanzanian!

協力隊員・コータのタンザニア日記
フィリピンの時刻
本日のセブの天気
本日のレート
1 = P0.4520(1/20)
[Ayala Center Cebu調べ]

最新はココ
jocv.net
配属先のプロジェクト
クリック募金
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
QRコード

携帯電話からもアクセス!
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
Blogn Webring
OTHER