2009/01/18
昨日のタージ・マハル観光に続き、夕方にデリー市街地へ繰り出すことにした。ホテルのタクシーを時間チャーターし、夕飯をデリー中心地で食べることに。

デリーは、「ニューデリー」と「オールドデリー」に分けられ、ニューデリーには行政区があり首都機能がある。イギリス統治時代に都市計画によって建設された建造物が多数あり、ニューデリーのヘソと呼ばれる「コンノート・プレイス(Connaught Place)」には多くの店やレストラン、地下にはバザールが集結している。このコンノート・プレイスを円の中心とし、道が放射状・リング状に取り巻いている。

中心地でも郊外でも、どこに行っても人の多さには驚く。
そして、タクシーなどの客引きや物乞いの数にも圧倒されてしまう。

昨日の観光でも思ったのだが、日本人旅行者が極端に少ない。というか、ほとんど見掛けない。タージ・ハマルでは韓国人、デリー中心地では欧米人観光客ばかりが目立っていた。さすがに、この情勢の中、インドに旅行に来る人が少ないのだろう(おそらく、メイン・バザールの安宿街に行けば沢山のバックパッカーがいるのだろう)。


時間さえあれば、オールドデリーに行き、その中でも安宿や屋台が建ち並んでいメイン・バザールに行ったり、クリシャ(三輪自転車)やオートリクシャ(三輪バイク)で街を移動してみたかったが、メインは仕事で出張に来ているため、当然ながら自由はきかないし、リクシャどころかタクシーも乗ることはできない...。

デリー市内でも観光はほとんどする時間はなかったが、街を歩き観察し、インドの空気を肌で感じることができた。本当に様々な要素が入り混ざり、入り乱れており、どれがインドの真の姿なのかまったく分からない。この国を知るには、もっともっと時間が掛かりそうだし、いつになっても分からないかもしれない。

この週末、有意義なオフを過ごすことができた。


高速を使ってデリー中心地へ


街の様子


街の様子


コンノート・プレイス周辺の光景


コンノート・プレイス周辺の光景


【関連エントリ】
 ●インドのビザ取得
 ●インド出張決定したが
 ●インド渡航延期
 ●インド渡航確定
 ●明日からインドへ
 ●初のインド上陸
 ●インド滞在3日目
 ●タージ・マハル観光へ



>>

>> <<
ブログランキングに参加しています。

| グローバル | 2009/01/18 11:59 PM | comments (2) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑

 
HOME
CALENDAR
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2009年01月 次月>>
サイト内検索


WEB サイト内
NEW ENTRIES
COUNTER
(Since 2000/05/20)
Today: / Ystday:
Twitter
Yakult Swallows
Visitor Locations
Locations of visitors to this page
お薦めリンク

Wanna be a Tanzanian!

協力隊員・コータのタンザニア日記
フィリピンの時刻
本日のセブの天気
本日のレート
1 = P0.4520(1/20)
[Ayala Center Cebu調べ]

最新はココ
jocv.net
配属先のプロジェクト
クリック募金
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
QRコード

携帯電話からもアクセス!
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
Blogn Webring
OTHER