2005/04/22
オフィスの隣で起きた火事から10日ほどが過ぎた。

焼け落ちた家々は、現在復旧作業を行っているのだが、自力で家を建てているようでなかなか捗っていない。一体、いつになったら家が建てられるのだろう。

そうそう、火事の二日後からオフィスの前に大型バスが2台も止まっていた。かなり汚くてボロボロで窓もないようなバスが2台。何のためだろうと思っていて、よく観察してみたら、中に大きな荷物が入っていて、そこで寝泊まりしている人が沢山いる。あっ、これは日本で言う「仮設住宅」なんだと気付いた。
バスの中は暑いかもしれないが、一年中夏のため凍死する心配はないからね。


けっこう意外だった。
対応、早いな、と思った。
仮設住宅がバスであっても、そのおんぼろの度合いがどうあれ、火事の二日後から生活する場所が用意されたのだ。セブ市の策か、または誰かが個人的に用意したのかは定かでないが、家を失った当初は何もできない人々がこれで救われたころだろう。

このバスが本当にオフィスの目の前、エントランスの真横にあるため、行きも帰りも必ず見にすることになる。この2台に何人が生活しているか分からないほど、人で溢れている。バスの前で洗濯をするおばちゃん、バスの前で肉をやくおじちゃん、バスの前で遊び回る子供達、何とかやれているようだ。オフィスを出て挨拶をすると、皆笑顔で返してくれる。

もう火事なんか忘れたかのような振る舞い。
無くなってしまったモノは仕方ないと思っているのだろう。多くの家族が助け合い、生活している。逆に、今のバスの生活を逆に楽しんでいるようにも見えてしまう。

フィリピン人って、すごいなと思った。

>> <<
ブログランキングに参加しています。

| セブ生活 | 2005/04/22 11:59 PM | comments (0) | trackback (0) |
コメントはありません。
| | URL | | | |











http://cebu.sakura.tv/blog/tb.php?101
トラックバックはありません。
| | |
PAGE TOP ↑

 
HOME
CALENDAR
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
<<前月 2022年08月 次月>>
サイト内検索


WEB サイト内
NEW ENTRIES
COUNTER
(Since 2000/05/20)
Today: / Ystday:
Twitter
Yakult Swallows
Visitor Locations
Locations of visitors to this page
お薦めリンク

Wanna be a Tanzanian!

協力隊員・コータのタンザニア日記
フィリピンの時刻
本日のセブの天気
本日のレート
1 = P0.4520(1/20)
[Ayala Center Cebu調べ]

最新はココ
jocv.net
配属先のプロジェクト
クリック募金
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
QRコード

携帯電話からもアクセス!
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
Blogn Webring
OTHER