2005/06/13
OJTの地元訪問中にカランガマン島(Kalanggaman Island)へ行った。

今まで幾つものフィリピンの島を訪れたが、これまで見た島の中で一番美しい島
青い海と白い砂のコントラストが素晴らしい島。
干潮時には、細長い砂州が出現する。
白い砂の道。



レイテ島のPalompon(パロンポン)からバンカーボートで約1時間。
マクタン島からのツアーもあるらしいが、片道で4時間もかかると言う。


手配していたバンカーボートが急遽来れなくなり、他のボートをチャーターするのに2時間以上も要した。小さい街にある港なので、当日ボートをチャーターするのは地元の人でも難しいらしい。代わりに手配したボートが小さく、馬力も弱いためスピードが遅い...。でも、前の晩、1時間しか寝れなかったため、この時間を利用して睡眠をとることにした。

そして、「島までもうすぐだぞ!」という声で起きると、目の前にカランガマン島が見える。細長い珊瑚の砂州が長く伸びており、その美しさに皆で盛り上がる。


島の周りの海の透明度は抜群。
こんな景色なら、いつまででも眺めていられる。



到着と同時に水着に着替え、スノーケリングをしたが、魚は思ったほどいなかった。おそらく、もっと深いポイントへ行けば、たくさんの魚が見られたのだろうが、潮の流れが強いこともあり無理はしないようにした。


まだあまり観光地化されていない「楽園」と呼ぶに相応しい島


魚は居なくとも、こんなに素晴らしい海に浸かっているだけで満足
眠かったということも忘れ、ひたすら海と戯れた。


砂の道がどこまでも続く(既に潮が満ち始めている)

昼食は持ち込んだ食材を食べる。
米・パンシット・鶏の丸焼き・魚のグリル・スープなど。
さらに、ボートで運んだ中には、生きた鶏が5羽もいた。これにはびっくり。その場で殺して、羽を剥ぎ取り、肉を切り出して焼く。普段は大人しいOJTの女の子が、普通に鶏の首をナタで斯き切り、血を気にせず、羽をビシバシともいでいる姿には感動さえ覚えた。自分には到底できません...。
ビールやタンドゥアイ(ラム酒)も充分にあり、食後はしばらく昼寝。




海に浸かったり、食べたり呑んだりを繰り返し、午後4時に島を出た。
帰りも、ボート内で寝ていたらあっという間に到着。


なかなか来られる島ではないため、本当に貴重な時間だった。
こんな美しい島、滅多に出会うことはないだろう。

>> <<
ブログランキングに参加しています。

| トラベル | 2005/06/13 11:59 PM | comments (2) | trackback (0) |
わーーーーーーーーー!!すっごい綺麗!!
私も行きたい!!!
| tomo3ch | URL | | 2005/06/14 12:09 PM | /BDVH4JM |

>tomo3chさん
交通の不便なところにあるので、行きづらいとは思います。
でも、リゾートやダイビングショップからのツアーがあるそうですよ。
マクタン島から片道で4時間かかるそうです...。

お奨め!
| TK | URL | | 2005/06/14 03:40 PM | 7idhz71I |











http://cebu.sakura.tv/blog/tb.php?138
トラックバックはありません。
| | |
PAGE TOP ↑

 
HOME
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
<<前月 2019年12月 次月>>
サイト内検索


WEB サイト内
NEW ENTRIES
COUNTER
(Since 2000/05/20)
Today: / Ystday:
Twitter
Yakult Swallows
Visitor Locations
Locations of visitors to this page
お薦めリンク

Wanna be a Tanzanian!

協力隊員・コータのタンザニア日記
フィリピンの時刻
本日のセブの天気
本日のレート
1 = P0.4520(1/20)
[Ayala Center Cebu調べ]

最新はココ
jocv.net
配属先のプロジェクト
クリック募金
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
QRコード

携帯電話からもアクセス!
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
Blogn Webring
OTHER