2006/02/17
今日も朝からグループに分かれた作業。

Silion Elementary Schoolを担当することになった。
ホテルからバンに分乗し、それぞれの拠点で担当者を降ろしていくのだが、Silion Elementary Schoolは一番最後。「周りに何もない田舎」と聞いていたが、直前の拠点からジャングルのような道を車で進むこと約30分、ようやく小学校に到着した。


自然に囲まれた道を進む

本当に何もない所に突如、小学校が現れる。


Silion Elementary Schoolは休み時間中で校庭には子供がいっぱい


場違いなアンテナ

それでも、生徒600名強・先生13名がいる。
電気はかろうじてあるが、電話は引かれてなく、携帯電話も電波はない。

こんなところに、いきなりワイヤレスLANかぁ。。。


こんな僻地に日本人が出現すると、珍しいモノを見るような目で見るらる。でも、こっちが手を振ると、子供たちは笑顔で手を振ってくれたりくれる。ホント、子供は可愛いなぁ。


教室内の様子

作業場所にはポツンとパソコン一台が置いてあり、自分のノートPCを並べて作業をし始めると、建物の外に野次馬がうじゃうじゃ集まって覗いている。そりゃ、普段目にしない光景だよなぁ。


作業場所の様子

作業は11時前には終わり、バンで戻ろうとしたのだが、先生達が昼食を用意してくれると言う。でも、学校の周りにはカンティーン(食堂)すらないような場所。どこから食事を用意するのだろうと思っていたら、今釣ってきたばかりであろう魚とイカとエビが登場。校舎の脇にある釜戸で、先生と生徒達が調理を始めたのだ。これにはびっくり!まるでキャンプのよう。
作りたての美味しい料理をご馳走になりました。


料理をするために木に火をつけている様子

昼食後は、昨日に続いてSta. Fe Municipal Hallに戻った。
しかし、インターネットに接続できない、つまりアンテナに障害が発生し、今日はこれ以上の作業ができないと判断し、解散になった。若干、疲れていたし、ありがたかったというのが正直な気持ち。


その後、隊員以外が宿泊しているリゾートホテルに行き、海とプールで泳いだりして夕方までまったりして過ごす。バンタヤンの海は白砂でビーチは綺麗なのだが、遠浅のため魚がほとんどいない。


Ogton Cave Rosortのプール


夕方、H隊員の活動場所であるロンガニーサ工場へ。
ロンガニーサを製造している活動先での様子はとても興味深かった。


明日の集合時間は比較的ゆっくりである。
遅くまで呑めるぞ。


【関連エントリ】
 ●APTプロジェクト
 ●今日からバンタヤン
 ●バンタヤン2日目

>> <<
ブログランキングに参加しています。

| その他活動 | 2006/02/17 11:59 PM | comments (3) | trackback (0) |
こんにちは。ちょくちょく覗いてるよ。あまりこういう処にコメントしないけど、素敵な写真があったので、今日は書くよ。
 子供達の笑顔、いいね。ステキじゃないか!ああいう笑顔に出会うと、必ずゴダイゴが歌ってた『ビューティフルネーム』って昔の歌が頭に流れるよ。
任期ももう少しのようだね。悔いの残らないように。周りのみんなの事を、よぉぉぉぉく心に刻んでおいてね。無事に帰国が第一だけど、いくらたくさんの手土産を持ち帰っても、その隣人を、肉眼、肉声をお土産には出来ないからね。その人の声を、顔を、手を、心を、しっかり刻んでね。乱文失礼。
| @日本から。 | URL | | 2006/02/18 01:18 PM | AONoDt5Q |

いよいよラストスパートでしょうか!!
先日のフィリピン滞在中は、初日から“あと何日で帰国だ…”とカウントダウンしていました。TKさんのブログを読むと、その時の淋しい気持ちがよみがえってしまいます。
任務も思い出作りもフル回転で頑張ってください。
特に子供達の笑顔いっぱいの写真は写しまくってくださいね。一番の宝物になりますよ。
残念ながら日本では、アレほどまでの笑顔いっぱいの写真は、なかなか写す機会がありません。
| mahal | URL | | 2006/02/19 01:24 PM | evJfSKkQ |

>@日本から。さん
あまりコメントしない方なのに、ありがとうございます。
残り少しの任期、悔いが残らないように楽しみたいと思います。

ところで、どなたでしょう。
ちなみに、自分はゴダイゴも『ビューティフルネーム』も分からないです…スミマセン。


>mahalさん
はい、もうカウントダウンの期間に入っています。
自分としてはまだ帰国が迫っているという実感がないんですが...。

確かに日本ではカメラを子供達に向けることはなかったですね。
フィリピンに来てから、カメラを子供達に向けることが多くなりました。カメラを構えたときの過剰とも思える反応が楽しみなのです。
| TK | URL | | 2006/02/20 05:21 PM | 7idhz71I |











http://cebu.sakura.tv/blog/tb.php?415
トラックバックはありません。
| | |
PAGE TOP ↑

 
HOME
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
<<前月 2019年12月 次月>>
サイト内検索


WEB サイト内
NEW ENTRIES
COUNTER
(Since 2000/05/20)
Today: / Ystday:
Twitter
Yakult Swallows
Visitor Locations
Locations of visitors to this page
お薦めリンク

Wanna be a Tanzanian!

協力隊員・コータのタンザニア日記
フィリピンの時刻
本日のセブの天気
本日のレート
1 = P0.4520(1/20)
[Ayala Center Cebu調べ]

最新はココ
jocv.net
配属先のプロジェクト
クリック募金
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
QRコード

携帯電話からもアクセス!
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
Blogn Webring
OTHER