2004/07/22
受け持った研修も32時間、つまり4/5が終了。
あとは、明日を残すのみ。


今週は毎日毎日、翌日の講義や実習の準備で睡眠時間が4時間になっている。フィリピンに来てから最低7時間、多いときは8―9時間も寝るという健康的な生活をしていたので、今の生活はとってもしんどい。日本にいた時なら、このくらいの睡眠時間では大したことはないんだろうけど、もうフィリピンでの生活に身体が順応してしまったようだ。


準備は大変だけど、研修自体は結構楽しい。
生徒達に「Sir(サー)」と呼ばれる。
フィリピンでは目上の人をこう呼ぶみたいだ。
「Sir」の後に名前を付けて、“Sir. ○○”となる。
「Sir」なんて、かなり偉くなったような気分になる。
ちなみに、女性は「Ma’am(マム)」と呼ばれる。

生徒達は日本や日本語に興味があるらしく、研修とは関係ないお喋りもする。これが面白い。彼らの知っている日本語の一例を挙げると、「Oishi」、「Aji-ichiban」、「Moshi-moshi」、「Samurai」、「Nanashi-no-gonbei」、「Sou-desu-ka」、「Hara-ippai」、「Tokyo」など。それぞれの意味を聞かれ、答えに窮することも。つーか、何で君達は「名無しの言兵衛」なんて言葉を知っているの?答えようがないじゃん。


明日で一段落。
とてもいい経験をさせてもらっている。
明日は打ち上げだ!

>> <<
ブログランキングに参加しています。

| 隊員活動 | 2004/07/22 11:59 PM | comments (0) | trackback (0) |
コメントはありません。
| | URL | | | |











http://cebu.sakura.tv/blog/tb.php?489
トラックバックはありません。
| | |
PAGE TOP ↑

 
HOME
CALENDAR
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
<<前月 2022年08月 次月>>
サイト内検索


WEB サイト内
NEW ENTRIES
COUNTER
(Since 2000/05/20)
Today: / Ystday:
Twitter
Yakult Swallows
Visitor Locations
Locations of visitors to this page
お薦めリンク

Wanna be a Tanzanian!

協力隊員・コータのタンザニア日記
フィリピンの時刻
本日のセブの天気
本日のレート
1 = P0.4520(1/20)
[Ayala Center Cebu調べ]

最新はココ
jocv.net
配属先のプロジェクト
クリック募金
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
QRコード

携帯電話からもアクセス!
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
Blogn Webring
OTHER