2004/11/10
昼間に同僚からニュースを聞いた。
セブ州マクタン島の沖で日本人ダイバーが死亡する事件があったと…。現地新聞にも一面に大きく載っており、テレビのニュースでも報じられている模様。

現地新聞(Sunstar)の記事に、「2 Japanese sea divers disappear」とあり、以下の内容が書かれている。
TWO Japanese men disappeared while diving in the Hilutungan Channel off Lapu-Lapu City Monday night.
One of them was found floating dead in the seawaters off the neighboring town of Cordova yesterday morning, while the other remains missing. As of yesterday, frogmen from the Naval Forces Central (Navforcen) were still looking for the other diver.

ダイビング・インストラクター2名がナイトダイブを行った際に行方不明になり、一人が翌朝遺体で発見、一人は未だに見つかっていないとのこと。沿岸警備隊を動員して捜索しているそうだが、浮上してこないところを見ると、水深100m以上と言われるドロップオフに沈んでいると予想されているよう。


事故のことを知れば知るほど、怖くなってくる。
任地のすぐ近くで、マクタン沖のヒルトゥガン島付近と言うと、自分がダイビングのライセンスを取るときに海洋実習を受けた場所。そこで、日本人が、そして玄人であるインストラクターが2名も何らかのトラブルに巻き込まれ死亡したという。おそらくダイビングをやっていないと他人事のように流していただろうが、今はそうは感じない。

こういうニュースを身近で聞くと、軽い気持ちでダイビングをしちゃいけないんだって身に染みて分かる。特にフィリピンのダイビングショップは、日本のようにキチっとしていないショップが一部あるようだ(良い表現をすると自由、悪い表現をすると適当)。自分が持っているOpen Waterのライセンスでは、一応規則で水深18mまでとなっているのだが、9月のダイビングではガイドに誘導されるまま42m近くまで潜ってしまったこともある。

やっぱり、マリンスポーツをやるには自己責任が必要。<BR>油断すると命にかかるスポーツなんだと実感した。

>> <<
ブログランキングに参加しています。

| ニュース | 2004/11/10 11:59 PM | comments (x) | trackback (0) |
http://cebu.sakura.tv/blog/tb.php?654
トラックバックはありません。
| | |
PAGE TOP ↑

 
HOME
CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2020年01月 次月>>
サイト内検索


WEB サイト内
NEW ENTRIES
COUNTER
(Since 2000/05/20)
Today: / Ystday:
Twitter
Yakult Swallows
Visitor Locations
Locations of visitors to this page
お薦めリンク

Wanna be a Tanzanian!

協力隊員・コータのタンザニア日記
フィリピンの時刻
本日のセブの天気
本日のレート
1 = P0.4520(1/20)
[Ayala Center Cebu調べ]

最新はココ
jocv.net
配属先のプロジェクト
クリック募金
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
QRコード

携帯電話からもアクセス!
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
Blogn Webring
OTHER