2004/12/17
今日もパーティー。
それも配属先の親の機関である科学技術省のだから、規模が大きい。
朝、配属先に出社すると、もう敷地内はパーティー会場と化していた。

暑さ防止のため、外の会場にはブルーシートで即席屋根が作られており、扇風機が10台も用意されている。丸テーブルや椅子が並び、テーブルの上には花が盛られている。ラボラトリーは、カラオケ会場となり、業者から借りた巨大スピーカーとビデオケセットが所狭しと置いてあり、朝っぱらから歌っている人がいる。

食事もいつもより豪華。
何たってレチョン(豚の丸焼き)が4体も用意してあり、レチョンを見るだけで心躍るフィリピン人は大興奮。酒もビールやダンドゥアイ・ワインが飲み放題であり、昼過ぎからゴクゴクと呑みまくっていた。

食事が一段落したところで、機関毎に分けた4つのグループが事前に用意していたプレゼンを実施する。科学技術省だけあってハイテク(?!)で、事前に各グループがビデオで撮影して編集したドラマを上映する。最後に投票があり、優勝グループが決まる。
うちのグループは結局最後まで何を意図するストーリーなのか分からないような自己満足的な作品であったが、自分は「Emperor of JAPAN」として風呂敷をまとい、刀を持って、オチョオチョを踊った。本当に意味が分からない…。そして、こんなブラックユーモアも許されているのか、イスラム武装勢力に拉致された犯行声明を読み上げる場面の映像を真似して、パロディーを作るなんてこともした。日本だったら、国の機関が倫理に反する行為として新聞沙汰になること間違いなしだろうが、フィリピンなら問題ないのだろう、多分…。

これは・・・倫理的にマズいでしょ。
でも、この映像で拍手喝采の大盛り上がり。
中央がサンタクロース、右から2番目が自分...。


その後は、出し物あり、ダンスあり、カラオケありと夕方まで皆で呑みながら騒いでいた。ダンスも自分は踊れないとずっと断り続けていたのだが、今日ばかりはそんな断れる雰囲気でもなく、断ろうとしても無理矢理ステージに上げられ、女の子にリードしてもらいながら、踊った。何せ不自然な動きだから皆が爆笑。だいぶ酒も体内に注入されていたので、開き直って踊ってやった。

年に一度の一大イベント。
楽しく過ごさせてもらった。


 [写真(左):パーティーは食事から!]
 [写真(右):何でもアリの出し物]

>> <<
ブログランキングに参加しています。

| 隊員活動 | 2004/12/17 11:59 PM | comments (0) | trackback (0) |
コメントはありません。
| | URL | | | |











http://cebu.sakura.tv/blog/tb.php?679
トラックバックはありません。
| | |
PAGE TOP ↑

 
HOME
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
<<前月 2019年12月 次月>>
サイト内検索


WEB サイト内
NEW ENTRIES
COUNTER
(Since 2000/05/20)
Today: / Ystday:
Twitter
Yakult Swallows
Visitor Locations
Locations of visitors to this page
お薦めリンク

Wanna be a Tanzanian!

協力隊員・コータのタンザニア日記
フィリピンの時刻
本日のセブの天気
本日のレート
1 = P0.4520(1/20)
[Ayala Center Cebu調べ]

最新はココ
jocv.net
配属先のプロジェクト
クリック募金
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
QRコード

携帯電話からもアクセス!
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
Blogn Webring
OTHER