2005/04/10
4月10日。
去年の今日、成田を出発し、マニラに到着した。
日本を出国し、フィリピンに渡航してちょうど1年が経った。

箱崎のT-CATに朝5:30に集合し、9:40のJAL便でマニラに到着した。成田からわずか5時間飛んだだけで、雰囲気が一変、別世界だった。桜満開の日本から、真夏の南国に本当に来てしまったと不思議な感じがしていた。期待・楽しみ・希望・不安、様々な感情が入り混ざっていた気がする。その日の日記では、こんなふうに綴っている。


1年が経過。
普通にいけば任期は残り1年。
フィリピンでの生活の半分が経ったことになる。
この1年間を振り返ることはしないが、やっぱり2年間という期間はあっという間だと思う。先輩隊員が自身の活動が軌道に乗り始めたのは1年半経った頃で、気付いたらもう帰国半年前になっていたと言っていた。これからと言うときに帰国を迎えるらしい。確かに自分もそうなりそうな気がしないでもない。それでも、隊員によってそれぞれ意見はあるだろうけれど、2年間という任期はちょうどいいのもしれない。制度上の問題であって誰が決めたのかは知らないが、青年海外協力隊という国際協力プログラムが40年間も続いている所を見ると、適切なのだろう。

ドラマ「ビーチボーイズ」にこんな台詞がある。
水泳はさ、折り返してからが勝負なんだよね、これからでしょ。
その時“体験している夏”や“人生”を水泳に置き換えて表現した広海(反町隆史)の台詞。とても共感できる。何故だか知らないけれど、この言葉が頭に刻み込まれている。

任期の折り返し。
活動の折り返し。
フィリピンでの生活の折り返し。

「折り返してからが勝負」
「これからでしょ」



さて、JICAへ提出する「第3号隊員報告書」の期限が今日である。

まだ、ほとんど書いてない。後回しにしていて、気付いたら期限が来ていた。それでも、何の焦りも感じない自分がいる…半年前の報告書の時は少なからず焦っていたはずだ(その時も5日ほど提出が遅れた)。フィリピン社会にどっぷり浸かっていると、期限なんて設定しても守らないので、設定することすらあまり考えなくなってしう。いつも、「ヒナーイ・ヒナーイ ラン!(ゆっくりいこうよ!)」という環境の中で、徐々にフィリピン人化(退化?)しているのだろうか。

まぁ、今月中には提出しますよ。
もう、日本社会不適合者です...

>> <<
ブログランキングに参加しています。

| 隊員活動 | 2005/04/10 11:59 PM | comments (2) | trackback (0) |
意に反して、反町に励まされてしまいました。

ちなみに私の報告書もHinay hinay langになっています。1号、2号報告書は一週間前に提出したのにね。
| Makoto | URL | | 2005/04/11 10:48 AM | z/plhp/s |

報告書完成しているじゃない。
こっちは、ようやく書き始めたところ。

意に反して?
| TK | URL | | 2005/04/12 02:11 PM | 7idhz71I |











http://cebu.sakura.tv/blog/tb.php?93
トラックバックはありません。
| | |
PAGE TOP ↑

 
HOME
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
<<前月 2019年12月 次月>>
サイト内検索


WEB サイト内
NEW ENTRIES
COUNTER
(Since 2000/05/20)
Today: / Ystday:
Twitter
Yakult Swallows
Visitor Locations
Locations of visitors to this page
お薦めリンク

Wanna be a Tanzanian!

協力隊員・コータのタンザニア日記
フィリピンの時刻
本日のセブの天気
本日のレート
1 = P0.4520(1/20)
[Ayala Center Cebu調べ]

最新はココ
jocv.net
配属先のプロジェクト
クリック募金
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
QRコード

携帯電話からもアクセス!
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
Blogn Webring
OTHER