2005/02/19
1泊2日でArgao(アルガオ)に旅行。
最近、週末の度にどこかに出掛けているなぁ。

今日は土曜日なのに配属先の「Board Meeting」があり、昼過ぎまでミーティングに参加し、その後ランチにも同行した。そうこうしているうちに待ち合わせ時間を遅らせてしまい、結局2時に集合することになった。

今回は、同僚の彼女・Micelleの実家がArgaoにあるため、そこへ友人達5人で行くことになった。Argaoへはセブシティからバスで2時間弱のところ。寝ていたらあっという間に到着。

まずは、Michele宅へ。
彼女は大分県別府市の立命館アジア太平洋大学に2年間留学していたので、けっこう日本語が喋れる。フィリピン人が日本の大学に留学できるくらいだから、もちろん金持ち。家自体は思っていたより立派なモノではなかったが(失礼!)、家の中は最新の電化製品だらけで、6人いる兄弟達も海外で留学や働いているらしい。一番、驚いたのが、実家に帰るとMichelleに専属のボディガードが2人も付くということ。こんな待遇されている娘、初めて見たぞ。そのボディーガードとはずっと行動を共にすることになった(でも、一切我々の輪には入ってこない)。

挨拶を終えて、ビーチ沿いのコテージへ。
これが、先週と比べものにならないくらいボロい宿泊施設。まぁ、汚くてボロいのは別に構わないんだけど、部屋にもシャワー室にも蚊がうじゃうじゃ飛んでいる。これには、さすがに狼狽えた。こんなにいるとデング熱が心配...。虫除けスプレーを何回も使った。

夜はバーベキューとキャンプファイヤー!
ボディーガードが頑張ってくれて、ビーチに小さいキャンプファイヤーを作ってくれた。静かな海辺で、火を囲み、砂浜に座る・・・これだけでも最高のシチュエーションである。その上、ビールがあり、トランプまで用意されている。そして、「キャンプファイヤーでは皆で語り合う」らしく、男3人・女2人で、それこそたわいもない話題で盛り上がった。本当にくだらない内容で、いかにもフィリピン人が好きそうな『初恋はいつか』とか『初キス・初体験はいつか』(以下、自主規制)等の質問が永遠続くのだ。まるで、高校生の頃のような会話。

結局、海岸でそれは午前2時半まで続いた。
キャンプファイヤーという雰囲気なのか、話している内容なのか、何か自分が青春時代の真っ最中にいるかのような懐かしい、そして楽しい一夜だった。


 [写真(左):海は地元住民の恰好の遊び場]
 [写真(右):ビーチでのキャンプファイヤー]

>> <<
ブログランキングに参加しています。

| トラベル | 2005/02/19 12:00 AM | comments (0) | trackback (x) |
コメントはありません。
| | URL | | | |











PAGE TOP ↑

 
HOME
CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2020年01月 次月>>
サイト内検索


WEB サイト内
NEW ENTRIES
COUNTER
(Since 2000/05/20)
Today: / Ystday:
Twitter
Yakult Swallows
Visitor Locations
Locations of visitors to this page
お薦めリンク

Wanna be a Tanzanian!

協力隊員・コータのタンザニア日記
フィリピンの時刻
本日のセブの天気
本日のレート
1 = P0.4520(1/20)
[Ayala Center Cebu調べ]

最新はココ
jocv.net
配属先のプロジェクト
クリック募金
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
QRコード

携帯電話からもアクセス!
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
Blogn Webring
OTHER