2006/07/12
携帯のない生活1」の続き。

帰国してから3ヶ月、携帯電話を持たない生活を続けている


携帯電話は、現代の人の生活には、必要不可欠な物になっている。
今や小学生でも個々に携帯電話を親から与えられ、猫も杓子も携帯電話といった感じだ。
ある一つのコミュニケーションツールという枠を超えて、携帯電話は人々の生活に多大な影響を与えるようになったわけだ。


そんな中、携帯電話を持たずに生活していて、気付いたことがある。

それは、携帯電話に振り回されて過ぎはないか?ということ。
電車に乗っていると、乗客の半分近くが携帯電話をいじっている。
常に着信やメール受信がないか気にし、メールを打ったり、ゲームをしたりしている。また、駅のホームで並んでいる全員が携帯電話の画面を見ている光景は(よく目にすることがある)、実に異常だ。


確かに、携帯電話が便利なことは分かっている。
でも、ソレ(携帯電話)に束縛されている感じしてならない

持っていないと、けっこう楽だ。
のびのび過ごせている気がする。
掛かってくる電話やメールのことを考える必要はない。
時間や着信・受信にとらわれることなく生活していける。

携帯電話を持っていると、ソレ(携帯電話)に生活を監視されているような気がする

そして、携帯電話は常に“身に付けるものだ”と勝手に思い込んではいないだろうか
これは、非常に嫌な考え方だ。実際、自分も携帯電話を持っていたフィリピン渡航前は、そのような考え方をしていた。携帯電話は、(普通に生活をしていれば)24時間365日いつでもどこでも、相手の都合を考えないで呼び出すことができる。しかし、その裏を返せば、いつも誰かに、生活を管理されていることなると思う。

もし電源を切っていたら、相手にどこへ行ってたのとか問い詰められることもあるだろう。携帯電話が繋がらないだけで、怒る人も出てくるだろう。携帯電話は必ず繋がるものであり、携帯メールは数分以内に返事があると思っている。
何だかなぁ...煩わしい。
というか、自分勝手な言い分である。


携帯電話を持たなくなったら、どうなるか?!
誰とも連絡が取れず、何の情報を得ることができず、生活できない状況に陥るか?!
でも、よく考えてみてよう。
  「電話」  →固定電話から掛ければいい
  「メール」  →パソコンからできる、時間は掛かるが手紙という手段もある
  「情報」  →テレビ/新聞/インターネット等がある
  「暇つぶし」→電車の中なら本を読む


別に、なくても問題ないのである。
少なくとも10年前は、ほとんど人が携帯電話を持っていなかったのだから...。

なくても問題ないけれど、いま多くの人が持っている携帯電話。
あったら便利なものはなくてもいいもの」とこの前のエントリで読者がコメントをしてくれている。
時間の流れが速く、情報の坩堝にある社会の中で、効率的にかつ迅速に物事を処理しなくてはいけない時代。そうやって、現代社会が成り立っている。だからこそ、本来は「なくていいモノ」なのに、「なくては生きていけないモノ」と思っている人も多いのではないだろうか。


フィリピンの時間の流れが懐かしいな。


まだ続く...

>> <<
ブログランキングに参加しています。

| 帰国後 | 2006/07/12 11:59 PM | comments (0) | trackback (0) |
コメントはありません。
| | URL | | | |











http://cebu.sakura.tv/blog/tb.php?576
トラックバックはありません。
| | |
PAGE TOP ↑

 
HOME
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
<<前月 2024年06月 次月>>
サイト内検索


WEB サイト内
NEW ENTRIES
COUNTER
(Since 2000/05/20)
Today: / Ystday:
Twitter
Yakult Swallows
Visitor Locations
Locations of visitors to this page
お薦めリンク

Wanna be a Tanzanian!

協力隊員・コータのタンザニア日記
フィリピンの時刻
本日のセブの天気
本日のレート
1 = P0.4520(1/20)
[Ayala Center Cebu調べ]

最新はココ
jocv.net
配属先のプロジェクト
クリック募金
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
QRコード

携帯電話からもアクセス!
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
Blogn Webring
OTHER